GPMを取得しようとしたきっかけ

大学で政策学を専攻し、幅広い分野を学んできました。その中でも特に興味を持ったのが、地場産業論という講義で取り上げられた中小企業の海外展開です。京都には独自のノウハウや強みを持った中小企業が多くあります。地域に寄り添った経営から生まれる企業の価値に魅力を感じたことが、GPM資格の取得に大きく影響したと感じています。

GPM資格取得までに大変だったこと

資格取得の際に受講していた、「グローカル戦略実践演習」という講義の中で、地域に密着しながら海外展開も積極的に行なっている企業を何度も訪問したり、担当の方と連絡を取ったりしました。自分の足を使って情報を得ることは大変でしたが、それが最終的に自分たちにしかできない根拠のあるプレゼンとなりました。

GPM資格を通じて学べたこと

「挑戦する姿勢」です。取材したグローバルな視点を持ちながら地域貢献を実現している企業は、失敗を繰り返していました。失敗を恐れず、思い切って一歩を踏み出すことの大切さに気づかされました。GPM資格取得を通じて、広い視野で物事と向き合う力が身につき、それらが社会人となった今、日々の業務において活かされているなと実感しています。