【ビジネスシフトゼミ2017ふりかえり編レポート】

2017年12月16日(土)@Impact Hub Kyoto
講師 場とつながりラボ home’s vi代表 嘉村賢州さん

p1040229

■ビジネスシフトゼミとは

昨年度から始まった自分自身や組織を「SHIFT」するための異業種合同研修のスピンオフ企画。
12月は「ふりかえり」ということで、一年の棚卸をし、次の一年にどんなSHIFTを起こすか考えます!

■チェックイン

ホテルにチェックインするときのようにその場に入るということで、今の自分の状況や気持ち等を話します。今回何のために振り返りたいのか、今どのようなことをしているのかについて自己紹介。
年齢も仕事も様々な集まりであり、みなさんからどのようなお話しが聞けるのかわくわくしてきました。
賢州さんからはこの場で大切にしたいことやルールを説明していただきました。
「言いたくないことは言わなくてもいい」「言えることはなるべく具体的に」等、安心して自分のいいたいことが言える場を整えていただきました。

そして、賢州さんの今までのお話。
自分の部屋を24時間365日開放して交流できる場を提供されてから、町屋コミュニティー、そして現在のhome’s viまでのお話しをしてくださいました。ファシリテーションとの出会い、場づくりの大切さについての思いを感じました。

 

■仕事や日々の生活自分が大切にしていることは…?

チェックインの後はサイクルマップという方法で「仕事や日々の生活」について自分が大切にしていることは何かを探りました。
「仕事、生活等で何かを達成したときにどのような気持ちになるのか」というようなポジティブな感情に焦点を当てることで、今あるものについて考えられることが特徴です。
実際、考えている時はとてもポジティブな気持ちになり、過去のネガティブことにとらわれずに自分の内面を見直すことが出来ました。
思いつくままに書いていくことで自分の意外な一面を発見!!この発見のおかげで点と点であった自分の中の思いが結びつき、今何を大切にしているかがより明確になりました。

1.気持ち (どんな気持ちが味わいたいのか? ※NVCの感情リストを活用)
(※http://nvc-japan.net/material/feelings_needs_list/)
2.見方  (その気持ちを味わった過去の経験や、どんな状況だとその気持ちになりそうか)
3.行動  (そうした「見方」をした時、今後どういう行動をするとそうした気持ちが得られそうか)
4.未来  (その行動をすることで未来はどんな風に変わっていきそうか、どんな未来が生まれそうか)

ふりかえりをする前に自分自身が、「何を大切にしているのか」という軸を明らかにして
そこに照らして、後半のふりかえりへとつなげていきました。

BizShift03

BizShift01

■Teal型組織 「組織もそろそろ進化していいのでは?」

講師である賢州さんから、新しい組織の形であるTeal型組織についてのお話しをしていただきました。フレデリック・ラルーが実際に世界中にある組織を分析し、組織の形の進化を5つの色で表したうちの、一番新しい組織の形がTeal型組織です。「Self management」「Wholeness」「Evolutionary purpose」の3要素があり、組織の目的に沿ってそれぞれの人が自分の裁量で活動することが特徴です。全組織がTeal型組織になればよいというわけではない、というお話もいただきましたが、今後自分の力を発揮できる組織の形としてもっと知りたくなりました。

組織にいる一人ひとりが感じる「感情」や「違和感」は、今までの時代であれば「仕事に不要な物」「仕事で感情を出すなんて」という風に、押し込めていたかもしれません。組織にとって大事なことを知らせており、そうしたセンサーをひとりひとりが磨いていくことで時代の変化に対して現場で必要なメンバーが判断して変化に即対応できる組織になる、ということでした。

p1040240

冬(変化)が来たらお知らせする木(トップ)の判断が間違っていたら森(組織)は全滅してしまう可能性もある。
そういった中で、変化に強い組織は、森のように自然な状態でそれぞれが自律的に変化を感じ取り適応していくことが求められるのでは?

25487194_355300421547881_195335033067887100_o

 

■この一年の振り返り
この一年にあった出来事をワークシートに記入した後、グループの方にお話ししました。
ワークシートに記入するのに45分、グループの方にお話しするのに一人当たり20分も使いじっくりと贅沢に一年間を振り返りました。

人によって思い出すきっかえとなるトリガーが違うので「今年頑張ったこと」「今年のキーパーソン」「+プラス」「―マイナス」「個人、組織、社会」と幅広い切り口から「彫刻を掘るように、徐々に輪郭が見える」振り返りでした。また手帳は最初はなるべく見ずに、自分が思い出す傾向や、思考の癖がどこにあるのかも感じながらふりかえりました。

最終的には自分のできごとを大まかに「●●期」といったタイトルをつけて様々な出来事を統合しながら完成。

できていないことだらけだったと思っていた一年でも意外とできたことがあったり、忘れていることがあったことに驚きました。また、自分がアドバイスをもらいたいと思ったことを話してみると、経験から解決方法を教えてもらうことができました。
とても大きな収穫だったので、すぐに実践していきます。

BizShift08

■チェックアウト
いろいろな風景が描かれたカードから自分の一年を表すカードを一枚選び、表題をつけ、一年のできごとのヘッドラインとともにみんなで共有しました。参加者の皆さんからも本音で話せた、普段言えないことをいうことができてストレス発散になった等、安心・安全な場づくりがあったからこその気づきや学びを得ることができました。
BizShift10

 

■懇親会
シフトゼミの後は有志で懇親会!
賢州さんが合流した後は、Teal型組織についてさらに教えて頂きました。
現在の環境でTea型l組織を成り立たせるための問題点、Teal型組織の更に詳しい特徴等どんどん質問が出てきて、すこしずつTeal型組織についての理解を深めることができました!
詳しくは、また次回、嘉村さんをお呼びした時に。笑

 

 

■全体を通しての
チェックインで共有した安全・安心して話すためのルールを共有したことで、普段は言えない本音、かざらない本心を出すことができました!
次回1月の目標設定編でも、等身大の自分をじっくりと見つめて目標を設定できるのではと今から楽しみです!!

 

Reporter
ふじもん(藤本真弓/Fujimoto Mayumi)
小川珈琲㈱