GLOCLAL SHIFT CAMP 2018 Day1 Report
職場を変える「場とプロセス」の重要性!
こんにちは!GLOCALシフトキャンプ企画運営を担当している行元です。
様々なバックグラウンド、組織のメンバーが集いスタートしたシフトキャンプ。 第1回目の様子をレポートします!

gsc2018-01

 

■そもそもグローカルシフトキャンプとは?
急激に変化する社会に合わせて増える企業をとりまく諸問題を 京都の若手20~30代前後が集まり「自己変革と共創」をキーワードに 自分自身、組織自体を変えるためにはどうすればいいのか? という問いに向き合い、個人の変化から組織を良くしていく、という発想の参加型研修です!

前半はチェックインを兼ねて自己紹介を長めに行いました。
参加者の皆さんの気持ちの変化はもとより、表情が和らいでいくのがとても印象的でした。
一見「なんでそんなことに時間を使うの?」と思われるかもしれませんが、関係性の質を高めることで結果のの質が高まるというMITのダニエル・キム教授のモデルがあり、「組織の成功循環モデル」と呼ばれています。そのなかでは関係性の質を高めることで思考の質が高まり、それによって行動の質が高まり、結果が出るというものです。
今後4回の研修で一緒に時間を過ごすメンバー同士の話し方や聞き方など対話する姿勢の土台を作り、距離をグッと近づけてくれる大切な時間となりました! 本音で語り合う様子をうかがうことができ、最初に関係の質を向上することの効果を実感しました。

■Day1の流れ
gsc2018-03
1.「Intro/Check In」
(場に入る)
・どこからきたのか?
・なにをしているか?
・なぜここにきたのか?期待すること
・今の気持ち(心の状態や、体の状態、気になっていること)

以上の点を自己紹介もかねて場に共有。
輪になって一言ずつ話していき、2周したところでみなさんの表情がだいぶ和らいでいました^^

gsc2018-02

2.4fold practice (4相の実践)

対話型組織開発の手法の1つである「Art of Hosting」※1
の大切な考え方である4Fold Practiceを紹介してもいらい今、自分はどこにいるのか、どこにいきたいのか?
・host your self
・be hosted
・host others/hervesting
・co-create
今の職場やチームなどで自分自身がどの立ち位置に居るのかを考えながら全体を見渡した時に生まれる気づきを参加者同士で共有しました。
gsc2018-04

3.「Euviz mini report」ミニレポート

肥後が参加してきた2018/7/30-8/3の間、デンマークで開催されたVisual Practice ConferenceのEuViz2018(ユービズ)。Visual Practice※2に関心のある約200名が30ヵ国以上からゆるやかに集合した。
ダイジェストで学びのスピーチ。
リーダーシップ、ファシリテーション、を話す場づくりの重要性を紐解き、Art of hosting、上記の4Fold Practiceなどが世界の文脈でどう位置付けられているかのシェアを行いました。
VUCAと言われる時代、複雑性を乗り越えるために、複雑性を知る。
・ダイナミックな複雑性
・社会的な複雑性
・出現する複雑性
こうした複雑性の中で、今までのやり方が通用しない時代、ひとつ必要になってくるのが「対話」。
今、「対話型」の組織開発が今注目され始めています。
4.ワールドカフェ

対話の手法の一つであるワールドカフェを実施。段ボールのえんたく「えんたくん」登場!
gsc2018-01

下記の問いについて深めていきました。
Round1.理想の職場とは?(飛び交うことば、そこにいる人の表情、必要なしくみ、ものなど)
Round2.それを実現するために必要な要素とは?
Round3.どんなサポートがあると実現できそうか?
こうした手法から得られる、学び・気づきなどについても感じたことをシェア。
「対話するひとが変わっていくのがいい!」  「自由そうにみえるけど、当事者意識がもてることが素敵」  「シートをみんなで完成させていく一体感がある」  「会議やMTGだと対立しがちだが、協力して否定する意見も出ない」  「これは言っていいのかな、、、?と迷いがちなしょうもない意見も言いやすい!」  と、安心安全の話しやすさの中から他者の発言から生まれる気づきなど、具体的なアイデアもどんどん生まれています!

5.チェックアウト
最後に、一日のおさらいをしてから、チェックアウト。
あっという間の一日目が終わりました。 気づきや学びを職場に持ち帰るために”行動志向”で進みましょう!
まずは私も実践として、今回の気づきや学びを自分自身がまず組織で、日々の暮らしで応用し、未来の変化につながるアクションをみなさんと起こしていきたいと思います。
*グローカルセンタースタッフによるグラフィックレコーディングで 参加者のみなさんの声や研修の1日の様子を記録してもらったので  言葉や文字だけではなく、視覚的に表現する効果や、伝え方についても効果を体感いただきました!