第6回を迎えた「グローカル人材フォーラム」。多くの方のご支援とご来場により、京都で学ぶ学生の栄えある発表の舞台を作り上げることができました。

 

「グローカル人材の育成」の取り組みに共感を持って集まられた多様な方が「寄ってたかって若者を育てる」を体現する本フォーラムには、今回も全国からお申込をいただきました。また、今回は京都国立博物館というオープンな場での開催ということもあり、博物館への来場者の飛び込み参加者もありました。

 

第1部「グランプリ」「準グランプリ」「オーディエンス賞」、第2部「優秀賞」という形で受賞チームが決定いたしましたが、審査員からの講評にもありました通りいずれのチームも甲乙つけがたい成果を残されました。

≪第1部≫

グランプリ 龍谷大学 京焼窯元陶葊チーム

準グランプリ 京都文教大学 京都滋賀仕事Naviプロジェクト2019

オーディエンス賞 京都文教大学 京都滋賀仕事Naviプロジェクト2019

≪第2部≫

優秀賞

・京都産業大学 OPAプロジェクト

・京都文教大学 京都滋賀仕事Naviプロジェクト2019

 

参加された学生の皆さんは、長期間にわたって粘り強く取り組んで来た過程に誇りを持ってこれからの学生生活、社会人生活に向かわれてください。

 

また、交流会にはご来場者のうち約半数の方がご参加くださいました。会場からランダムに選ばれた学生が壇上からフォーラムでの発表を終えての心境を話してくれました。

連携してくださった企業や団体の皆さまへの感謝の想い、今後に生かしたいという想い、こうした一言一言は本事業に関わってくださる皆さまのご支援・ご協力の賜物でございます。

この場を借りて皆さまに御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

 

第7回以降もこうした盛り上がりを更に発展させて行く場をつくりたいと思いますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

……………………………………………………………………………………………………………………………

[お詫びとご報告](第1部の集計結果について)

第1部集計の過程に下記の通り、制限時間経過による減点数に誤りが認められたため修正いたしますことをご報告します。

※審査集計表に記載されている方法では【正:10分経過時点で‐8点、その後30秒経過ごとに‐8点】のところ、実際の計算が【誤:10分経過時点での‐8点がなく、その後30秒経過時点で‐8点】となっていたため準グランプリチームの順位が入れ替わり、第1部準グランプリ受賞チームが京都文教大学となります。

授与式でお伝えした結果から受賞結果が変更となるチームの皆さまには大変ご迷惑をおかけする形となることをお詫びいたしますと共に、賞を受賞されるチームの皆さまには改めて心からお祝い申し上げます。

 

今後、同様のことが起こらないよう必要な講じて参りますとともにより良い開催のために運営の改善をはかってまいります。