【参加学生】
京都工芸繊維大学4回生1名・1回生2名、京都女子大学2回生1名、立命館大学院生1名

【プロジェクトのミッション】
京田辺市の経営者、約10人と学生が働くことや仕事などのテーマで対話を行い、経営者同士、学生との交流を生み出すための企画(仕掛けづくり)を考え、当日運営を行う。

【活動概要】
京田辺市の経営者と学生の対話の場づくりを行うイベントの企画、また当日のイベント運営を行う。

当日のレイアウト打ち合わせ

当日のレイアウト打ち合わせ

当日事前打ち合わせ

当日事前打ち合わせ

学生からの挨拶、企画趣旨説明

学生からの挨拶、企画趣旨説明

対話の様子

対話の様子

【活動の評価】
田辺サロンでは、テーマの通り、企業人だけでの議論ではなく、学生が入ることにより、普段はあまり関わることがない学生の本音が聞けるということが参加企業のみなさんに大変喜ばれていた。
学生企画という点は素晴らしいが、その点学生が聞きたいことに議論の焦点が当てられていたようにも思える。企業側からみると、人材の採用、確保という課題はもちろんあるが、それ以前に「今の学生がどう考えているのか」を受け、「現在の事業や商品にどう活かせるか」ということを具体的に一緒に議論することがニーズとして高かったように見受けられる。業界ごとにテーブルで議論し、学生視点でその業界の課題について提案することも視野に入れると非常におもしろいものになると思う。

(評価協力:京都信用金庫 田辺支店 支店長 西村善人 様)