【参加学生】
京都女子大学3回生2名、京都工芸繊維大学4回生1名、立命館大学4回生1名

【プロジェクトのミッション】
国内ではあまり認知がされていない農産物である黒ウコンのPR企画を考える。
開始時点においては黒ウコンの根茎はあるが、その商品の構想が無い状態であったためその用途についても学生視点で考えながら、最終的にはPR案までも企画する。

【活動概要】
現在、国内ではあまり認知がされていない農産物である黒ウコンの商品企画、PR企画を考え、受け入れ先企業へ提案をする。

工場見学の様子②

工場見学の様子②

工場見学の様子①

工場見学の様子①

黒ウコン栽培の様子

黒ウコン栽培の様子

社長との打ち合わせの様子

社長との打ち合わせの様子

【活動の評価】
今回のプロジェクトの趣旨において、学生と当社のお願いをしたテーマで関わりを持つことが出来ました。当社としても初めての試みであり、またテーマの黒ウコン(黒生姜)そのものを認知されていない方が多い事を考えると短期間でどのような結果が出るのかが楽しみでした。
黒ウコンを知っていただくことから始め、学生の方も自分で情報を集められ、現物の確認、特性、事業性等、理解度は高まったと思います。
最終のプレゼンテーションを受け、取り組み姿勢と内容の充実度について高い評価をさせて頂きました。
本テーマに自主的に参加され、具体的に素材の方向性まで提示していただきその熱い思いに感銘すらおぼえました。事業として結果が出るには時間がかかると思いますが企業人として仕事に対し人に対し思いを忘れてはいけないと学ばせていただきました。
短い期間でしたが、学生の方、グローカル人材開発センターの方々ありがとうございました。

(評価協力:黒ウコンジャパン株式会社 取締役 人見幸夫様)