【参加学生】
1学期:京都産業大学4回生1名、佛教大学2回生1名、京都女子大学2回生1名
2学期:京都産業大学4回生1名・2回生1名、1回生1名、同志社大学2回生1名

【プロジェクトのミッション】
プロジェクトメンバー(大学生)の役割は高校生の導き役として、意見を引きだしたりまとめたり、また毎回高校教員と打ち合わせや振り返りをしながら高校授業を運営する。

【活動概要】
身近な地域や企業をテーマに大学生と高校生がフィールドワークや調査等の社会体験を共有する。大学生がメンターとして高校生を引っ張る仕組みを入れることで高校生は年長者である大学生から主体的な姿勢を学び、大学生は教えることで自らの洗練化や内省の期待し、両者にとって学び合いによる好循環を期待する。
本年度は京都産業大学附属高等学校2年生で開講される「人間力講座」の中で本モデルを実践した。講座は企業訪問を中心とする「社会系」と地域へのフィールドワークを中心とする「国際・地域系」とで分かれて実施。

教室風景

教室風景

グループワークで問いかける学生

グループワークで問いかける学生

高校の先生たちとの授業後のふりかえり

高校の先生たちとの授業後のふりかえり

企業訪問とインタビュー風景

企業訪問とインタビュー風景

学生による授業進行

学生による授業進行

【活動の評価】
高校生のグループごとの会社訪問および仕事に関するインタビューが主となる講座で、限られた時間での訪問が有意義なものとなるよう、事前学習で高校生に対して適切なアドバイスをする際、企業や業種についての深い知識や理解が前提となるため、大学生自らが相応の時間を割いて学習したことは、単に講座のフォロアーとしての関わりに止まらず、一人ひとりの学生にとっての大学卒業後の職業観や就業観の刺激となったと考える。また、実際の会社訪問では、高校生と同行することで一般社会の慣行や礼儀・作法を見直すきっかけともなり大きな影響を与えた。
企業訪問や会社でのインタビューをまとめた成果を報告するための事前指導では、報告に際しての要点やプレゼンテーションの方法を具体的にわかりやすくまとめて高校生に示したことは、大学生自らがプレゼンテーションを行う際の自身への振り返りともなって貴重な機会であった。
ただし、大学でのプレゼンテーションの作成と発表の場と、高校生が学ぶ環境では大きな違いがあり、学びの場や活動環境を踏まえて、より適切な関わり方や指導方法を検討する必要があった。
(評価協力:京都産業大学附属高等学校 関義之 教諭)