2015年7月16日(木)
―「逆は真なり」この言葉がこの企業、この社長のすべてを表しているのではないだろうか。
京都グレインシステム株式会社 田宮尚一社長にインタビュー訪問後に、学生が語った言葉です。

人、物、社会がどう動くのかをじっくり観察したうえで、先回りしながら物事を逆転の発想でとらえる。人間味あふれるお話と社長の生きる力に、ただただ圧倒されました。

・ただ受動的に学生生活を過ごすだけでは、絶対にたどり着かない視点、思考を持たれていた。

・「なぜ?」「考えること」を絶やさない。「遊んで学ぶ」様々なエピソードを通じ、新しい考えを学ぶ貴重な経験でした。

など、学生からの学び感動の声が絶えません。
こうしたTOPのお話をダイレクトに聞ける場を学内外ですこしづつふやしていくことで、企業人と学生とが学びながら働くを考える機会を創出していきたいと思います。

引率者:京都信用金庫 西村均理事(いつもありがとうございます!)

    センター事務局長中谷、行元 
学生参加者:宮村(工繊大1回)庄村(工繊大4回)中松(京産大3回)門川(京産大4回)重松(京産大4回)