SERVICES /
PROGRAM

教育機関向け
プログラム詳細

PROGRAM DETAILS 
プログラム詳細

2021.06.04

【Report】6/3 🌐「”そのひとらしく”を実現するための、ユニバーサルデザイン」(by行元)

【Report】6/3 🌐「”そのひとらしく”を実現するための、ユニバーサルデザイン」(by行元)

京都市障害保健福祉推進室より花田さんをゲストに迎え大学生たちと上記のテーマで対話を深めました。私自身、このトピックは現代の必須科目になって欲しいと強く感じています。
📝学生時代は、国際政治を専攻されコソボ紛争への人道的介入について学ばれていたという花田さん。卒業後、まちの魅力を維持したり高めたい!という想いで京都市役所へ就職され、1番初めのお仕事が生活保護のケースワーカーを3年間務められたそうです。様々な立場におかれる方との対話を通じ、福祉の分野で活動された17年間の軌跡をうかがいました。そして現在、障害保健福祉推進室において「みやこユニバーサルデザイン」の推進・普及を通じて全てのひとが暮らしやすいまちづくりに邁進されています。

💓心がけておられることは、
「いろんな角度からいろんな立場にたって想像して、考える。」
🌐ユニバーサルデザインを理解し推進するうえで
①「多様性」を知ること
➁普通という考え方をなくす
③自分にとって「あたりまえのこと」をあたりまえとおもわないことを大切にされているそうです。
その後、学生たちと実例をもとにケーススタディ的なワークショップを行いました。
【バリアフリーとのちがい】や【ユニバーサルデザインの7原則】等学生たちに丁寧にお話しいただきました。

▽みやこユニバーサルデザインについて
花田さんのお話をうかがい、まちを歩いてフィールドワークしたくなったのと、ハード面はもとより日常でも多様な人と接するうえで、「自分の当たり前をおしつけていないかな?」を心がけてお話ししたいと思いました。
ありがとうございました。♡

ご相談、イベント参加、取材依頼、
ご寄附についてはこちらから